■プロフィール

akimerman

Author:akimerman
40代になってピアノを再開した3人の子供のお父さんです。よろしくお願いします。

記事一覧

■登場人物

akimerman
当ブログの管理人。
ベートーヴェン好きのおっさん。
暇さえあればピアノかモンハンかドラクエかポケモン。

生粋の日本人だが祖先に東南アジア系の血が混ざっているはず。
お風呂の中で娘2号と大声で歌い、近所に聞こえやしないかとakimermanをハラハラさせる。

息子
高校生。全く居間に姿を見せないため絶滅危惧種に指定される。
父がモンハンを一緒にやりたい素振りを見せてもなかなか相手にしてくれない。

娘1号
中学生。居間に姿を見せ続ける。
最近部屋を掃除して見違えるようになったが、結局は居間に戻ってくる。

娘2号
小学生。おませさん。
父につれない言葉を投げかけて悲しみのどん底に突き落とすが、膝の上に乗って甘えてきたりする面も持つ。
上級レベルのツンデレの使い手。

George
2013年7月に我が家にやってきたDIAPASONの古いグランドピアノ。
170cmのコンパクトサイズ。主人の器量もコンパクトサイズ。

※ご注意※ George以外の顔は全く似ていません。もちろん髪型などの雰囲気も全く違います。

■レッスン中の曲

  • ピアノソナタ第8番(悲愴)第3楽章(ベートーヴェン)
  • ハノン39番 des-dur

■レッスン終了の曲

  • K9a(K5a)(モーツァルト)
  • 2つのソナチネ ヘ長調 Anh.5-2 第1,2楽章(ベートーヴェン)
  • 秋のスケッチ(ギロック)
  • エオリアン・ハープ(ギロック)
  • ピアノソナタ第1番第1楽章(ベートーヴェン)

■勝手に練習してる曲、曲集

  • 今は特になし

■最新記事
■最新コメント
■リンク
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセス数

■にほんブログ村

■人気ブログランキング

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■今年の収穫(2014年)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




↓お楽しみいただけた場合、クリックしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
スポンサー広告 | --:--:--
レッスン38回目 ( ^∀^)サンザンナヒソウ
またまた久しぶりの更新となってしまいました。

娘2号にiPod Touchを渡しているのですが、
家にいるときはずーーーーっとそれをいじっています。
そういった意味では我が家では娘2号が最も現代っ子に近い感じがします。
主にYoutubeや無料ゲームをやっているようですが、

私「ん?なにそのゲーム。」

娘2号「ツムツムだよ。面白いよ。」

妻「結構面白いよ。やってみれば?」

┐(´ー` )┌ ヤレヤレダゼ・・・

妻と娘2号がやっているようですが
スマホの無料ゲームがそんなに面白いわけないでしょう。
ゲームをやるんだったら専用ハードの3DSとかVitaとかの方が良いに決まってるでしょう。

まったくこれだからライトゲーマーは困るぜ・・・(゚ω゚=)40スギタオッサンノハツゲントハオモエナイ・・・

まあ、家族交流のために少しやってみるか・・・

-----数日後-----

私「( `∀´) デール最高や!デール最高やで!!」
私「(:;´゜;盆;゜`;:) ミニーでねぇぇぇぇ!!ビンゴできねぇぇぇぇ!!」
私「( `∀´) ラプンツェル来た!!来たでぇぇぇぇ!!」
私「(:;´゜;盆;゜`;:) うぉぉ!あと1秒あればデカピート消せたのにぃぃぃぃ!!」
私「(:;´゜;盆;゜`;:) ハート送って!!早く!!ピートが逃げちゃう!!」

妻&娘2号「(゚ω゚=(゚ω゚=)・・・」

・・・

これ、おもしろいですね(・∀・)スマホアナドレナイネ

ちょっとした時間でできるのがいいです。
無課金ユーザなのでなかなか進みませんが、
かなり楽しめます。

その後、息子、娘1号も巻き込んでハートを送らせています。

レッスンのお話です。

( ゚∀゚) とうとう・・・とうとうやってきました!!
( ゚∀゚) 念願の悲愴でございます!!
( ゚∀゚) 第3楽章でございます!!


ハノンの内容はすっかり忘れてしまったので飛ばすとして(´∀`)イイカゲンダナァ
悲愴を弾く所でございます!

beethoven_sonata_8_3_01.png

とりあえずは↓まで。

beethoven_sonata_8_3_02.png

慌てるな慌てるな・・・ゆっくり・・・ゆっくりだぞ・・・

ソッドッレッミー・・・

・・・

Oh・・・Hidoi・・・

先生「あー、まずはテンポをしっかり守りましょう。」
先生「ゆーっくりで構いませんので。」

私「は、はい・・・」

予想通りにひどかったです。

なんとなく楽譜通りには弾けていますが、テンポがガタガタ・・・

先生「あー、どうしようかな、モーツァルトはちょっと置いておきましょうか。」

私「は、はい・・・」

Oh・・・My Teacher throws Saji.(・∀・)ハジカクカラヤメナサイ

という訳で、一回も弾かずにモーツァルトはお預けとなりました。
想像以上にひどかったのでしょう。

ま、いっか!!悲愴に専念できると思えば!!

というわけで元通りハノンと悲愴に2本立てとなりました。

今日はこの辺で。

私の持ってる楽譜です。

※記事中の楽譜は全てIMSLPから引用させていただいております。


スポンサーサイト


↓お楽しみいただけた場合、クリックしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
レッスン | 20:54:24 | トラックバック(0) | コメント(1)
レッスン37回目 その2 (・∀・)キョクガフエルノヨ
大変ご無沙汰してしまっておりました(=´ω`=)ゴメンネ

休みの日に出かける予定が無い場合、
ちょいちょいヒゲ剃りをサボることがあります。
元々ヒゲが薄いこともあり、面倒になりがちです。

先日、洗面所の鏡の前で

妻「あー、今日もヒゲ面だー。」

私「・・・」

妻「どうしたの?」

私「なんかさ・・・無精ヒゲがあるとちょっと竹之内豊っぽい感じが・・・」

妻「(こっちが引くくらいの大爆笑)」

私「と思ったら、全力で走り去っていった感じがする。」

妻「( ^∀^)残念。」

あっ、もちろん残念ながら私に竹之内豊さんの風味は全くありません。

レッスンのお話の続きです。

ハノンは散々でした。
続いてK9a(K5a)です。

mozart_K9a(K5a)_01.png

テンポを上げて弾くと相当微妙ですが、まあまあかな。
仕上げということもあり、そんなに指摘事項も無く終わりました。

先生「はい、じゃあいいでしょう。」
先生「たまに、振り返って弾いてみてもいいと思いますよ。」

私「はい、わかりました。」

先生「じゃあ、次回からは悲愴第3楽章ですね。」

私「( ゚∀゚) はい!よろしくお願いします!」

忘れられてたらどうしよう、と少し思っていましたが
無事に次回からは悲愴に入れます(´∀`)スッゴクウレシイノ

先生「発表会までまだ時間があるから・・・」
先生「もう1曲位、このモーツァルトの曲集からやってみない?」

私「おお、わかりました。やります!」

ずーっと同じ曲を弾き続けてると、どんなに好きな曲でも飽きがきてしまうとのことなので、
気分転換に軽い曲をとのことでした。

そこで決まったのが、

mozart_menuet_01.jpg

です。

よくテレビで料理のレシピ紹介の時とかにかかってそうな曲ですね。よく耳にします。

まあこれを軽く弾けるかどうかは別問題ですがね(・∀・)3ビョウシニノレルカシラ

初めての2曲抱えか。大丈夫かな。

今日はこの辺で。


私の持ってる楽譜です。

※記事中の楽譜はこの曲集とIMSLPから引用させていただいております。




↓お楽しみいただけた場合、クリックしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
レッスン | 19:56:09 | トラックバック(0) | コメント(2)
レッスン37回目 (´∀`)オヒサシブリー
ご無沙汰しております。

風邪&仕事の忙しさにかまけて更新をサボってしまっていました。ごめんなさい!
10月上旬は1週間もピアノに触れない日が続きました。
今回の事でわかったのですが、
ピアノを弾けないとなんだかすごい焦ってきますね。

1日空き「( ゚∀゚)♪(普通なので気にしてない)」

2日空き「(・_・。)今日も弾けんかった・・・」

3日空き「( ゚Д゚)やばい・・・指動かなくなる・・・」

4日空き「(( ;゚Д゚))ブルブル わいにピアノを・・・」

5日空き「(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル 1ヶ月で取り戻せるのか・・・」

6日空き「(:;´゜;盆;゜`;:)モウダメダモウダメダモウダメダモウダメダ」

7日空き「( *‘∀‘ ) 逆にうまくなってたりして♪」

もう7日空きともなると悟りの境地ですね(`∀´ )トウヒッテイウンダヨ

そして結果は・・・

思ってたほどひどくない(・∀・)

全く動かないと思っていましたが、
まあそれなりには動いていたかなと思いました。
レッスンに行くまでは。

前回のレッスンは風邪でお休みしてしまったので、
今回のレッスンは約1ヶ月ぶりでした。
1週間弾かなかったとはいえ、それなりに練習したので
大丈夫だろうと思い、先生のお宅へ向かいました。

先生「はい、じゃあスケールからねー。」

私「はい!」

先生「今回は・・・」

私「des-durです!」

先生「ああ、そうだっけ。じゃあ弾いてみてください。」

hanon39-desdur.png
※すみません、前回の記事ではf-mollで、しかもまだ終わらないような状態だったのですが、
どこで間違ったのか今回からdes-durに入っています。いいかげんでごめんなさい。
しかも今見てたら前々回でf-moll終わりになってるし・・・ちょう適当だな~
おそらくは前回からdes-durだったのだろうと思います。

レ♭ミ♭ファソ♭ラ♭シ♭ドレ♭・・・

先生「・・・・・・」

・・・

ガッタガタヤ・・・(゜ロ゜;) ガッタガタヤデ・・・

・・・

もうひどいなんてもんじゃないですね。
指ごとに音量全然違うし・・・

日頃の練習がいかに大切か・・・
反省・・・

すみません、今日はこの辺で。

私の持ってる楽譜です。

※記事中の楽譜は全てIMSLPから引用させていただいております。




↓お楽しみいただけた場合、クリックしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
レッスン | 20:54:54 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。